head_img head_img
レスポンシブ・テンプレート一覧 > alphaEditなどのソフトで開いた時に文字化けする場合

iconalphaEditなどのソフトで開いた時に文字化けする場合

a_icon 大変恐縮ですが、基本のレスポンシブテンプレートはHTML5という書式になりまして、UTF-8という文字コードで作成されています。書式が変わります。

*SHIFT-JIS版のレスポンシブテンプレートでしたらalphaEditなどのソフトで文字化けをせずに表示させる事が可能です。SHIFT-JIS版があるテンプレートでは、SHIFT-JIS版をご利用ください。

ただし、alpha EDIT、ホームページ マネージャー、Expression Web 4 などの多くの視覚的に編集できるフリーソフトでは、現時点では正式にHTML5やレスポンシブ対応(スマホ対応)しているソフトが少ないため、そのままブラウザと同じ見た目で視覚的に編集ができません。

ご了承願います。

*基本的にはフリーのエディターソフトTeraPadや、Crescent Eve や Expression Web 4 または市販のソフトをご案内させていただいています。

 

視覚的に編集できるフリーソフトについて

現在、無料で見たまま文字や画像を修正できるフリーソフトでは、Microsoftが無料で提供している Expression Web 4 があります(^ ^)

ただし Expression Web 4 ではブラウザと同じレイアウト表示ができませんが (白い背景で文字と画像のみ表示されます)
文字や画像などは視覚的に編集する事ができます。

*注意点として、Expression Web 4 での編集の際は SHIFT-JIS版のレスポンシブテンプレートが必要になります。

icon_next Expression Web 4 (日本語・試用版ダウンロード)

→Microsoft製の無料ホームページ作成ソフトです。試用版では60日使用する事ができます。


icon_next Expression web 4 (英語・無料版ダウンロード)

→正式なソフトは英語版になります。(日本語で表示できます)


*SHIFT-JIS版のレスポンシブテンプレートでしたら文字化けをせずに表示させる事が可能です。

【Shift-jis版について】 alphaEdit、Expression Web 4などのホームページ作成ソフトで編集されている方は、Shift-jis版のテンプレートをご利用下さい。
(*ただし開発が止まっているレスポンシブ未対応のソフトでは、白背景表示で文字と画像の編集モードになりますので、ブラウザで実際のホームページの表示を確認しながら文字と画像の編集をしてください)

 

市販ソフトについて

市販ソフトではホームページビルダーでHTML5の編集が可能です。

最初は無料お試しでご利用いただいて、継続的にご利用いただけるようでしたら、恐縮ですが、ご購入いただけましたらと思います。

現在の商用ホームページは「月額料金」で運営されているケースが多いため、長期的には低コストで商用ホームページを作成できます。

icon_next ホームページビルダー

→まずは「試用版」をご利用いただけます。

注意点としまして、ホームページビルダーには2種類のソフトが用意されています。

従来のソフトが「クラシック」で、
ドラッグ&ドロップでかんたん編集できるソフトは「SP」というソフトです。

★今回活用していただくのは「クラシック」というソフトになります。

最初はホームページビルダーを無料お試しでご利用いただいて、全体を作成して、その後からは「Crescent Eve」などで本文などを修正しているという方や継続的に「ホームページビルダー」を活用している方など使い方は様々です。

ご参考までに、各ページの下部に「ホームページビルダーの操作マニュアル」をご用意させていただいております。

少しでも参考になりましたら幸いです。


 

テンプレートの設置方法


テンプレートの設置マニュアル(PDF)


 icon レスポンシブテンプレート設置マニュアル★総合(PDFファイル・ダウンロード)

 *まずはこちらのマニュアルを参考にしながらホームページを作成してみて下さい。



テンプレートの編集方法&サーバーなど


 

よくあるご質問



ページトップに戻る