第1章 検索エンジン対策の基礎知識


継続的にリンクされ続けるサイトしか検索上位に残れない

現在、Googleなどの検索エンジンの検索結果に長く上位表示されているサイトには、大きく分けて2つのポイントがあります。

1つは、内部コンテンツを継続的に追加しているサイト。もう1つは、外部サイトからのリンクが継続的に増えているサイトです。

 

●まずは内部コンテンツを追加する

ホームページでは、ユーザーに役立つコンテンツを継続的に配信していく事が大切です。

日常的に、内部コンテンツを追加していきましょう。ページ数が増えて、内部リンクも増えていきます。

また、新しい情報を提供する事で、各ページからの入口が増えるので、アクセスアップにつながります。

また、更新頻度が高いと、検索エンジンのインデックスが早くなり、検索結果に早く反映されるメリットがあります。

 

●外部リンク対策について

もしある日、大きなサイトからリンクをしてもらって、検索結果の上位に表示されたとしても、継続してリンクされないと、次第に順位が落ちていきます。

どこにでも書かれている内容のページほど、そのままだと、順位が下落していきます。

そのため、自然にリンクが増える内容、または構成である事が大切です。

例えば、相互リンク募集ページを充実させて、相互リンクを待つ方法があります。

リンクしやすくするために、タグを用意したり、フォームを用意する事で、相互リンクの依頼をしやすくする工夫をしましょう。

ただし、内容をしっかりとチェックして、中身が薄いサイトでないか、広告が多すぎないか、外部へのリンクが多すぎないか、などを調べる必要があります。

 

●理想は、自然にリンクされる「切り口」のサイトを作る事

例えば、動画共有サイトなどは、ユーザーが動画を投稿してくれます。

そのため、まとめ系のサイトはリンクが集まりやすい特徴があります。

動画の投稿者が、「こちらに動画を掲載しています」という様に自分のブログなどに書いて紹介します。

宣伝のためにリンクをするため、自然に被リンクが集まっていきます

ある程度、ユーザーを増やすまでが大変ですが、参加者や動画が増えてくると、リンクも継続的に増えていきます。

その他にも、フリーソフト配布サイトや、Webツールを提供しているサイトも自然にリンクされやすい特徴があります。

こういったサイトは、無料または有料でコンテンツを提供しているという共通点があります。

「フリー」という本が売れていましたが、まず無料で書式データなどを配布して、ユーザーにまずは「何かを与える事」が大切になります。

 

●サイトは1つでは足りない時代

メインのサイトの内部コンテンツをコツコツと追加してくだけでなく、自社で「お役立ち情報サイト」などを数サイト作成し、育てていく事が大切です。

その際は、ユーザーに役立つ記事や、体験談、成功体験、お役立ちツール集などの切り口で内容が重複しないサイトを作りましょう。

そうやって、ページ数のある、中身のしっかり詰まった、グループサイトを育てていく方法がおすすめです。

 

●内部と外部の2つの対策を日常の経済活動で行っていく

この様に、企業サイトなどの商用ホームページの運営では、内部と外部の2つの対策を、日常の経済活動で行っていき、コツコツとサイトに資産を蓄積していく事が重要です。

今後は、ユーザーに役立つ情報を提供しているサイト作りがポイントになります。自分達で行える自助努力により、長期的にサイトを育てていきましょう。

>> メインキーワードとは