第1章 検索エンジン対策の基礎知識


SEOを外注している会社で、半数以上が不満である理由は?

一般的な企業は、どの様にしてホームページで検索エンジンマーケティングを行っているのでしょうか。

CAテクノロジーの企業の検索エンジン最適化に対する意識調査では、SEO対策を自社で実施している企業は49%でした。

理由は、外注する予算がないが42%で、自社でノウハウを持っているが28%でした。

これに対してWeb制作会社やSEO会社などにSEO対策を外注(アウトソーシング)している企業は半数を超えています

気になる効果や満足度についてですが、「費用対効果が分かりにくい」が70%。

「上位表示を目的として成果にコミットしない」が42%という様に、半数以上が不満を持っていることがわかりました。

たくさんの理由があるかと思いますし、SEOはリバースエンジニアリングという、答えを実験しながらみつけるという性質のものである事も影響しています。

私の経験では、外注に丸投げではなく、できるだけ長い期間、自分でやるというのが大切だと思います。

 

1つのメインキーワードだけで上位表示を期待しない

先ほどの「上位表示を目的として成果にコミットしない」についてですが、SEO会社に依頼をすると、メインのキーワードを決めて対策をしますが、成約につながるキーワードと、そうでないキーワードがあるため、どれだけ上位表示しても、成約につながらないということがよく起こります。

逆に、成果につながりやすいキーワードは、あきらかに費用が高いので、手が出せない、という事が起こりがちです。

この様に、メインキーワードで1つ、または数個のキーワードだけで、上位表示を考えると、大変難しいものになります。

それでは、どうすればいいのでしょうか?

1つの解決策として、成果につながりやすいキーワードの内容に関連した記事を複数作成する。つまり、入り口になる「ページ数を増やす」という方法がおすすめです。

流れとしては、まずGoogleキーワードツールで、検索数を調べて、よく検索されているキーワードの表を作ります。

タイトルに、そのキーワードを含んだ記事をどんどん書いていきます。

その後、アクセス解析をすると、人気のあるページや、成約につながっているページとキーワードがわかりますので、そちらの内容を充実したり、資料請求ページに誘導したりする事で成約につながりやすくなります。

しかも、記事を追加するのは、1度だけではなく、コツコツと定期的に、継続して追加していく必要があります。

古い記事は、鮮度が薄れていくと、どんどん読まれなくなっていきます。そのため、新しい記事を書き続ける必要があります。

例えば、サイト全体で10ページしかないサイトの場合、何も更新しなければ、1日3人のアクセスというのもよく起こります。ですが、サイト全体で100ページあれば、1日30人のアクセスが見込めます。(単純に計算した場合)

こういった事を続けていると、ページ数も増えていきますので、サイト全体からのアクセスが見込めます。それにより、お問い合わせや資料請求などの成果につながっていきます

 

月間の検索数が少ないサイトの場合

では、例えば月間検索数が300ほどというテーマ(業種)の方はどうすればいいのでしょうか。

まずユニークな商品を作って話題作りをするというのも1つの方法です。

ですが、そう簡単ではないので、なるべく自分でできる事を考えてみましょう。そうなると、ホームページを更新して、新しいページを追加していく方法がおすすめです。

もしサイトのページ数が、トップ、商品情報、地図、サイトマップ、お問い合わせの5ページしかなかった場合は、10ページほどを追加してみてください。

さらに、サイト内にWordPressなどのブログを設置して、記事をどんどん追加してみて下さい。

*最近では、クリック1つで、独自のブログが設置できるレンタルサーバーが増えています。

これにより、サイト全体のページ数が30ページになったら、検索エンジン上でも30ページの入り口が増えます。

それぞれのページは単位では、1日のアクセス数は少ないですが、これが積み上がっていきます。

ページが増えるにつれ全体のアクセスが少しずつ増えていきます。

注意点としては、自分たちの商品の売込みではなく、ユーザーの役に立つ内容を心がけて下さい。

得する方法や、自宅でできる簡単レシピなどです。

そして、コツコツと相互リンクを見つけていく。

1つのサイトだけではアクセスが少ないので、切り口を変えてサイトを別に作っていく。そしてグループで価値を向上していきましょう。

この時は、それぞれのサイトの内容が7割以上は重複しない様に注意してみてください。

こういった事を継続できないと、なかなか成果にはつながりませんので、長期的な視点でサイトを育てていきましょう。


自分でコツコツと長い期間でサイトを育てていく

これらの費用を制作会社に外注すると、数十万円はかかってしまいます。

なので、自分でコツコツと長い期間でサイトを育てていくという視点が必要になります。

1つの方法としては、ホームページテンプレートを活用して、ページの作り方や更新していく方法を身につける。

そして、コツコツと内容を充実させていく。無料ブログなども活用して、グループで価値を向上していく。

そういった事を、すぐには成果が出ないかもしれませんが、費用をかけれない場合は、こういった方法で、自助努力をするのも1つの方法だと思います。

 

>> 成果が出るサイトのアクセス割合は、トップが20%?