HOME初めての方テンプレート設置方法HPの作成方法パーツ素材WordPressよくある質問
おすすめの人気サービス
W3Cについて

w3c
Web標準を考慮した素材です。

ホームページ作成のコツ - 最新エントリ

カテゴリ
ITニュース (4)
テンプレート (1)
ホームページ制作 (4)
日記 (0)


最新エントリ
2007/09/20
カテゴリ: ITニュース : 

投稿者: office (11:28 am)
先日、人気のキーワードの検索数を調べるツールの「キーワードアドバイスツール」が一時サービスを停止し、キーワード分析に使えなくなっていましたね。

現在再開しています。(2007.9.25再開しています)

そんな中、今後キーワードアドバイスツールが使えないとなった場合のために、キーワードアドバイスツールにかわるツールをまとめてみました。すでにご存知の方も多いかと思いますが、ご了承ください。



【キーワード分析】
















■フェレット
http://jp-ferret.com/index.php

検索数をグラフで表示してくれます。無料のユ−ザー登録をすれば、検索数が表示されます。以前の検索回数と比べると、微妙に近い数値が表示されているので、参考になります。




















■Google Adwords キーワードツール
https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal

Google Adwordsのキーワードツールツール。キーワードボリュームなどがグラフで表示されます。問題は、検索数が多いのか少ないのかわからない点です。





















■SEO Tools
http://www.seotools.jp/

Googleページランク、Alexaのトラフィック、重要キーワード、Yahoo!Search、Google、MSNの順位、オーバーチュアの検索数、被リンク数、はてなブックマーク数、ドメインの取得日などが表示されます。




■Googleサジェスト
http://www.google.co.jp/webhp?complete=1&hl=ja

キーワードを入力すると、関連するキーワードを表示してくれます。




【SEOに役立つツール】


■キーワード出現頻度解析
http://www.searchengineoptimization.jp/tools/keyword_density_analyzer.html

キーワードの頻度を表示してくれます。



■ピタゴラス
http://www.pythagoras.bz/index.php/default/defaultindex

SEO情報を表示してくれます。



■aguse.net
http://www.aguse.net/

サイトの比較に便利です。




【その他のSEOツール】


■SEOmoz.com ランキングチェッカー
http://www.seomoz.org/rank-checker


■iWebtool.com マルチランクチェッカー
http://www.iwebtool.com/multirank


■iWebTool.com ページランクの視覚化ツール
http://www.iwebtool.com/visual_pagerank


■Sitening.com SEOアナライザー
http://sitening.com/seo-tools/seo-analyzer/my-analyzer/


■WeBuildPages.com バックリンクチェッカー
http://www.webuildpages.com/neat-o/





【検索エンジンのガイドライン】

■Google ウェブマスター向けガイドライン
http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=35769


■Yahoo!サイト管理者向けヘルプ サイトの順位を上げるには
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/indexing/indexing-23.html




【SEOの注意点】


■重複コンテンツには注意してください。

引用:
重複コンテンツとは、同一コンテンツが複数の URL に存在する状態を指す。検索エンジンは重複したコンテンツは基本的に登録を行うことはない。言い方を変えると、検索結果に同じものを複数表示しない、ということ。


重複コンテンツが招く SEO トラブルとその解決策
http://japan.internet.com/busnews/20070918/8.html




【SEOニュース】


■日本の検索エンジンのシェア(2007.9月時点)

日本国内の検索シェア、ヤフーが47.4%、グーグル35% - comScore Japan調査
http://www.sem-r.com/0702/20070912185331.html

引用:
ヤフーは31億3,400万件から27億4,400万件と12.4%マイナスに対してグーグルは13億2,200万件から20億2,700万件と53.3%増加している。さらに検索シェアもヤフーは65.9%から47.4%と1年で18.6%マイナスに対してグーグルは27.8%から35.0%と7.2ポイント増加。グーグルが急激にヤフーを追い上げている。





【SEOまとめ】

このようにいろいろなツールがありますが、一番大事なのはコンテンツの質を高める事で、短期的な上位表示のテクニックはすぐに効果がなくなります。

長期的なサイトの運営を考えているかたは、コツコツとコンテンツを増やしたりして、サイト全体の充実を図りましょう。

個人的には、コツコツとページを手作りするのが好きなので、考えながら、学びながら、自分が満たされているかを重視しています。そして情報を提供して共有し、情報を探している方を支援する事を第一に考えています。

たくさんのサイトを制作してきましたが、まだまだ。みなさんと一緒に、良いサイト作りについて学んでいきたいと考えています





2007/07/05
カテゴリ: ホームページ制作 : 

投稿者: office (1:54 am)
SEOとは「検索エンジン最適化」の事ですが、検索エンジンにて自サイトの検索結果を上位に押し上げるマーケティング方法です。

いわゆるアクセスアップ対策になります。特にヤフー、グーグルの検索エンジンで上位表示されればアクセスアップに有効ですね。

国内検索エンジンのシェアはヤフーが59%、グーグルが25%、MSNが4%なんだとか。

こうしたSEOでの有効なポイントがWeb担当者フォーラムの記事にて整理されていましたので紹介させていただきます。


サイトのキーワードの再考から、基本は1つのページに1つのキーワードにする

<title>にキーワードを入れる

<meta description>に簡潔なページの説明を入れる

<meta keyword>に10個以下のキーワードを入れる

<h1> <h2> <h3>などを本来の用法の見出しとして使う

<h1>タグは1ページに1つ。<body>のできるだけすぐ後、<h2>よりも前に書く

<title>や<h1><h2>などの見出しタグの内容から、無関係なテキストを減らす

<strong>や<em>でキーワードを強調する

キーワードが複数語の場合、離さずに並べて書く

ページのサイズは100Kバイト以下にする

コンテンツのキーワード登場率を適度に上げる

キーワードに関連深いコンテンツはページの最初の方に置く

テーブルレイアウトよりCSSレイアウト

ページ中のリンク個数を100個以下にする

<img>タグにはaltで代替テキストを入れる

sitemapでページの存在を知らせる

ページデザインでフレームを使わない

リンク切れはなくす

サイトはできるだけ早く公開し、検索エンジンに登録しておく

リンクしてもらうときのテキストに、検索キーワードが入るように

自分のページのキーワード、リンクしてもらうテキストと関連の深いコンテンツのページからリンクしてもらう

リンクしてもらったページ内にあるリンク数が100個を越えないことを確認する

イメージでリンクをしてもらうときは、イメージのalt属性でテキストを付加してもらう

Yahoo!ディレクトリへ登録する

Open Directory(dmoz)へ登録する

リンクを貼ってもらえるコンテンツを作る


以上、はじめに必要とされるポイントをセレクトさせていただきました。

これらを意識してサイトを制作してみてはいかがでしょうか。

詳細は情報元ページを参照ください。


SEOで検索エンジンから呼び込もう





2007/04/24
カテゴリ: ITニュース : 

投稿者: office (1:04 pm)
ページ数と被リンク数の増減を検索エンジンがどう判断しているのかという参考になる記事が掲載されていたので、紹介したいと思います。

検索エンジンでは相互リンクの数が多いと上位表示されるアルゴリズムは有名ですが、そのサイトがどのくらいの頻度で新しくページを追加しているかというコンテンツの増加パターン。

ドキュメントがどのくらいの頻度で編集され更新されているかというコンテンツの更新パターン。

そのサイトに対するリンクがどのくらいの頻度で増加しているかというリンクの増加パターン。

これらをグラフにして解説してあります。

Wikipediaの順位上昇についても掲載されています。

ページ数と被リンク数の増減を検索エンジンがどう判断しているのか





2007/04/04
カテゴリ: ITニュース : 

投稿者: office (9:15 pm)
Webデザインには、どんなにビギナーでも、プロのWebデザイナーでも間違いやすい“マナー”ともいえる制作上のルールがあります。

そんな基本の“Webデザインのお作法”を50個選定して掲載しているサイトを紹介。

こちらではサイト設計、テキストデザイン、画像と色彩、レイアウト、その他の5つのテーマ別に解説してありました。

ぜひこの“Webデザインのお作法”を参考しホームページを作成してみてはいかがでしょうか。

ちなみにMdNのサイトはよくチェックしていますが、おもしろい情報やためになる情報が満載なので、これからもチェックしていきたいと思います。


Webデザインの超基本のお作法





« 1 (2)


pagetop