第2章 キーワードを決定する


メインキーワードの選び方ポイント

まずは、メインとなるキーワードを決定しましょう。

Googleキーワードツールで、メインのキーワードを調べましょう。こちらを活用すれば、検索エンジンのGoogleが提供している、よく検索されているキーワードを調べる事ができます。

 

●Googleキーワードツール
https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal?forceLegacy=true

 

例えば、東大阪にあるネイルサロンの場合、メインのキーワードは「ネイルサロン 東大阪」といった2語のワードを狙います。

これは、実際にお店を探されている方が多いので、来店につながりやすいキーワードになります。この様によく検索されている言葉を選んでください。

注意点としては、まったく検索されていないワードを選んで検索結果で上位表示できたとしても、アクセスはほとんどありません。そのため来店にもつながりにくいです。

一般的には、月間検索回数1,000回以上のキーワードが望ましいのですが、「ネイルサロン + 地域名」などの場合、欠陥に検索されている回数は300などが多い様です。

少なくはなりますが、来店意欲が高い方が多いワードなので、狙い目のキーワードになります。

まずは、成果につながりやすいと予想できそうで、検索結果の1ページに入り込めるキーワードを探しましょう。

周辺のお店でも狙われやすいキーワードのため、始めはそりたのキーワードでの上位表示は難しいのですが、コツコツと長期的に運営していく事で、順位が向上し、気がつけば、半年〜1年後に検索結果の1ページ目に表示されるという事があります。

メインキーワードは長期的に育てていく事を視野に入れて考えましょう。

逆に狙ってはいけないキーワードもあります。すでにSEOをしっかり行っている評価の高いサイトがずらっと並んでいるキーワードです。

検索結果の右横にあるGoogleアドワーズ広告がびっしり並んでいるキーワードは、激戦区の可能性が高いので、注意が必要です。

 

サブページのページ数が重要

次に、トップ以外の各ページですが、Googleキーワードツールの関連キーワードや、フェレットというサイトの関連キーワード検索ツールを活用してください。

メインキーワードを入力すると、関連したキーワードが出てきます。そちらのキーワードを含んだ内容のページを1つ1つ作成していきます。

この時点で20から30ページが作れます。この様に、最初から20から30ページほどのサイト構成にして、長期運用していきましょう。

 

>> 1ページには、1キーワードで対策する