第10章 今後の検索エンジンの兆候について


Bingについて

Bingは、マイクロソフトの検索エンジンで、画像検索のインターフェイスに優れているなどの特徴があります。

Yahoo!とマイクロソフトの提携で、買わされた契約により、Yahoo!の検索結果には、Bingの検索エンジンが採用されます。

Yahoo!のトップページから検索キーワードを入力すると、表示される検索結果は、Bingの検索システムが表示されるという形です。

日本では、Yahoo! Japanの利用が多いため、Bing SEOが注目されています。

アメリカでは、Yahoo! Searchに変わり、Bingのシェアが少しずつ増えています。

Bingのウェブマスターヘルプを見ると、「1ページに1つのトピックを記述することを推奨します」と書かれています。

また、すべてのWebページを見つけられるように、サイトマップを用意する事を推奨されています。

サイトの階層は、1〜3回のクリックで目的のページにたどり着ける様にすることが望ましいようです。

 

>> トップページへ