第8章 アクセス解析のポイント


PPC広告でテスト販売をする

まず、PPCでテスト販売をして売れなければすぐに撤退する、テストマーケティングという方法もあります。

例えばビジネスの場合は、こういったテンプレートを活用して、いち早くページを更新して、充実したサイトを低予算で作成する。

そしてPPC(検索連動型広告)などを活用して、需要があるか、アクセスして購入してもらえるかを見極める。

そして需要があるとわかれば、SEOを施してサイト内容を充実させて、運用していく、というのも1つの活用方法だと思います。

詳しい流れなんですが、まずサイトを作ります。

そして、商品やサービスを販売してみます。

アクセス解析を設置して、どのくらいの人が来ているのか調べる。

そして、何アクセスで1つ売れるか調べる。

コンバージョン率が1%以下は売れないという事。

サイトの中身が悪いか、商品が悪いか、キーワードが合っていない。

それでもダメなら、売れないテーマなので、撤退を考える。

もし、売れるなら、本格的にサイトのページ数などを追加していき、自然検索のSEO戦略を導入する。

さらにアクセス解析をして、人気のページを調べて、そこに関連する人気商品などを掲載しておくと、コンバージョン(成約率)が上がる

この様にして、サイトを運用していく。まずは、この様なテストマーケティングをするのも1つの方法です。

 

>> バナー広告